「天職に出会う」広島の転職エージェントガイド/広島の転職事情を分析/広島の求人倍率

広島の求人倍率

広島での転職を考えている人にとって、有効求人倍率も気になる数字の一つです。いわば「仕事の見つけやすさ」を表す数字ですが、こちらもチェックしてみました。

広島の有効求人倍率

広島の有効求人倍率は1.70倍です。全国平均が1.43倍なので、全国平均よりも高いレベルにあります。ちなみに有効求人倍率とは、求人の数と仕事を探している人の指標。1.0以下だと「仕事不足」、1.0以上だと「働く人が不足」しているという意味です。

広島の有効求人倍率は1.70倍ですが、この数字が意味するのは、「仕事を探している100人当たり、170人分の仕事がある」状態です。つまり、広島が全国レベルを上回る「売り手市場」だと分かります。ちなみに広島よりも高い数字を記録しているのは東京、福井、岡山のみで、愛知と同率です。

なぜ広島が
「売り手市場」なのか

なぜ広島が売り手市場なのか。もちろん全国的に人手不足である点もあります。広島だけではなく、どのエリアでも人が足りない状況です。それでも広島の有効求人倍率が高いのは、それだけ広島の経済が安定しているからです。経済が安定している中で、少子高齢化が進めば、働く人間の「奪い合い」になるのは必然です。

広島には
どのような仕事が多いのか

有効求人倍率の高さは、人手不足の証明です。裏を返せば、全国で4番目に人が足りていない地域ともいえます。では広島にはどのような仕事が多いのかと言えば、広島は様々な産業が活発なだけあって、仕事もまた、多種多様です。ただ、広島には大手自動車メーカーのマツダがあるなど、製造業が活発。ものづくり系の求人は非常に多い傾向にあります。

世界的観光地ではありますが、決して観光業一本だけの街ではありませんので、サービス業だけではなく、工業、水産業、製造業など様々な産業にて人手を募集しています。

有効求人倍率は
さらに高くなる

有効求人倍率が高いのは一時的なものなのでは?と思っている人も多いかもしれませんが、むしろ今後、さらに高まる可能性を秘めています。企業は、業績が好調でなければ人材募集はかけられません。経済活動が活発な広島の企業は、業績によって次々と人材を必要としています。景気の良さが転職市場の活発化とイコールの関係であるのは、自然な流れです。

経済が成長していなければ、そもそも人手も必要ありません。経済の衰退につられて、街の規模など全てが収縮していく傾向がありますが、先述の通り広島の経済は伸び続けているので、今後も人を欲する企業は増えていくことが予想され、有効求人倍率はさらに高まることが予想できます。つまり、広島では今後も売り手市場が続き、好きな仕事を選びやすい環境にあります。

まとめ

広島には求職者も企業も多数あり、自分ひとりの力で理想の転職先に出会うのは至難の業です。

当サイトでは、広島で相談すべきおすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!