「天職に出会う」広島の転職エージェントガイド/広島の転職事情を分析/広島のUターン・Iターン転職

広島のUターン・Iターン転職

広島への転職を考えている人の中には、今現在広島に住んでいる人だけではなく、元々は広島で育ったものの県外にいるUターン希望者や、あるいは観光等で広島を訪れ、広島の良さに気付いたIターン希望者もいるのではないでしょうか。そこで、UターンやIターンの転職事情もチェックしてみるとしましょう。

広島にU・Iターン転職するために
知っておきたいこと

都心での生活を捨て、地元にUターンして働きたいという動きは、いまや一種の社会現象になりつつありますが、実はその裏には容易にいかないことも多々あります。

広島は中国地方の都市部ですが、東京や大阪などの都市部に比べれば「地方都市」のくくりです。当然、広島の企業としては「都会のマーケットを生き抜いてきた人材」という目でUターン転職者を見てきます。当然、求められるスキルや経験、期待値は相対的に他の求職者に比べ高くなってしまいます。

上記の理由から「Uターン転職だからのんびりした仕事がしたいなぁ…」という意識で転職活動をするのは、あまりおすすめできません。自分に向けられた期待が高いという認識をもって、転職先を探しましょう。

言い換えれば、都会からのUターン転職は、スタートの時点で他の求職者より注目度が高いとも言えます。企業の目に留まりやすい人材なので、きちんと企業選びをすれば、良いご縁があるかもしれません。

広島の住環境

UターンやIターンで広島にと考えた時、仕事だけではなく住まいも大切です。広島は四国中国最大の都市であることからも、様々なサービスが充実しているエリアです。例えば交通網。空港もあれば、新幹線停車駅もあります。また、広島県内には鉄道網・高速道路網が網羅されていますし、市内においては路面電車が市内広域をカバーしています。広島市内・県内の移動はもちろんですが、県外へのアクセスも多数用意されている点もまた、広島の特徴です。

広島の物価や家賃水準

IターンやUターンを考えているのであれば、広島の物価や家賃も気になるところ。こちらは総務省統計局発表の平均消費者物価地域差指数によると、ほぼ全国水準です。広島が「日本の縮図」と称されているのは、広島の指数が日本のほぼ平均値であることに起因しています。家賃に関してもほぼ全国水準なのですが、全国水準は都心も地方も含まれていますので、都心と比べると安い物件が多いです。

車通勤者が多い街

広島は市内の中心部は公共交通機関を利用して出社している人が多いですが、郊外となると自動車で出勤している人も珍しくはありません。そのため、出勤時間は渋滞になることも珍しくありません。この点はどうしても避けられないものなので、渋滞を回避したいのであれば鉄道や路面電車を利用するか、あるいは通勤時間をずらすなどの工夫が求められます。その点ではカギを握るのは路面電車です。路面電車は渋滞の影響をほとんど受けませんので、バスのような感覚ではありますが、バスよりもスムーズです。路面電車を活用できるエリアであれば、こちらを活用してみると良いでしょう。

レジャーは申し分ない

広島に住むとなれば休日の過ごし方も気になるところですが、広島には見どころが多々あります。世界遺産もあれば、スポーツチームもあります。大型商業施設も多数ありますので、休日の過ごし方に困ることもありません。但し観光客が多いエリアなので、観光地の休日ともなれば多くの人で賑わっています。それだけ活気のある街なだけに、レジャーも申し分ありません。

まとめ

広島でU・Iターン転職をするポイントは理解できましたでしょうか。ぜひ広島のことを知って、満足のいく転職を実現してくださいね。

当サイトでは、広島で相談すべきおすすめの転職エージェントも詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。