「天職に出会う」広島の転職エージェントガイド/転職を成功させる5つのポイント/1:転職における自己分析のやり方を知る

1:転職における自己分析のやり方を知る

転職を成功させるために必要な心構えを解説

転職活動を成功させるために「必要なこと」がいくつかあります。

漠然と「新しい職場・仕事」を探すのではなく、転職活動とはどのようなものなのかや、何を求められているのかを考えなければ転職活動は成功しません。そこで、転職活動に必要なことをいくつか挙げていきますが、まずは「心構え」の在り方を覚えておきましょう。

自己分析はとても大切

転職活動で求められるのは即戦力です。新卒であれば長期的な視点・育成的な視点で見てくれますが、転職の場合、企業側が求めているのは「何ができるのか」です。そして、何ができるのかは、それまでの社会人経験の中で培ってきたあなたのスキル次第です。それまで自分が取り組んできた仕事が「あなたのできること」であり「できるかもしれない」はスキルではありません。

まずは自分が「何ができるのか」を着飾らずに自己分析すること。これが何より大切なことです。

「客観的視点」が大切

「何ができるのか」で求められるのは「客観的視点」です。それまでの自分の経歴は、自分自身が一番理解していると同時に、転職の際だと、どうしても無意識に「自分をよく見せたい」気持ちが強まってしまいます。結果、本来はできないことまで「頑張ればできる」「何とかなる」といった気持ちで「できること」と捉えてしまいがちです。

いい職場に転職をしたいからと自分を過大評価せずに、これまでのキャリアで「できること」「やってきたこと」を、誤解のないように相手企業側に伝えてあげることが大切です。大きく見せた自分に内定をもらっても、転職が成功した後に「聞いてた話と違うんだけど…」となってしまい、企業側と自分の間にミスマッチが生まれます。

あくまで、相手企業側にとっては「できること=あなたのこれまでの経験」です。ありのままの自分をしっかりと分析し、これまでの経験を客観的に振り返ってみましょう。

自己分析から自分の特性を再認識する

これまでの自分の経験やスキルを客観的に振り替えることで、自分自身の特性が見えてくるはずです。その「自分の特性」こそ転職活動における名刺代わりです。自分の特性と合う企業はどこなのか、自分の特性を武器にチャレンジできる企業はどこなのか、自己分析をし直すことで、おのずと見えてくるでしょう。

自己分析は、面接の際にも有効です。転職活動ではもちろん必ず面接があります。 面接では様々なことを聞かれますが、自分の長所・アピールポイントは必ず聞かれる質問です。その際、これまでの経歴に沿ったアピールポイントをわかりやすく説明できれば、相手企業も特徴を把握できると共に、自社が求める人材にマッチしているのか、より正確に判断ができます。

転職は企業に雇われて終わりではありません。雇われ、自分のスキルを発揮し、さらなるキャリアアップを遂げてこそ「成功」です。そのためにも、土台となるそれまでの「自分のスキル・キャリア」は客観的に把握しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自己分析は、新卒の時からやっていないという方もいるかもしれませんが、転職では自分のスキルを正確に把握するために今一度必要になってきます。自己分析のやり方は、転職エージェントでも教えてくれるので、ぜひページ下部のリンクから、おすすめ転職エージェントを探してみてください!